動画散歩 − ビデオ便りです −




■型打ち
 2016(平成28)年5月1日
 「既存のお皿を形そのままに大きさだけ変えて下さい。」とのご依頼です。
 径15cmくらいのお皿を一回り大きく16cmとのご要望でした。
 数が少ない場合は轆轤造りですが、今回は柄が4種類のご要望なので16枚から20枚くらい作ります。
 今後もこの大きさは造ろうかと思いますので型を作りました。
 時間:6分38秒

   






■手技TEWAZA「伊万里・有田焼」
 2016(平成28)年4月23日
 16世紀末の豊臣秀吉による朝鮮出兵に参加していた佐賀藩主が、朝鮮から陶工の李参平-を連れてきました。
 その李参平によって、有田泉山に磁器の原料である陶石が発見されたのが伊万里・有田焼の始まりです。
 このとき焼かれたものが、日本で最初の磁器であると言われています。
 時間:4分2秒

   






■下絵付け風景
 2016(平成28)年2月28日
 会場:大阪 近鉄百貨店 上本町店
 凄腕職人街での実演風景です。
 時間:5分5秒

   






■轆轤(ロクロ) 風景
 湯呑用に作った「へら」を使用して轆轤(ロクロ)成形です。
 「延べへら」と「押しへら」と「とんぼ」を使っています。
 時間:3分36秒

   




■鍋島焼の特徴について
 鍋島焼の特徴から、いくつか説明しています。
 時間:4分10秒

【補足】このビデオは「こども伊万里学」指導資料作成研究委員会(伊万里市教育委員会委嘱)が伊万里焼について学ぶこどもたちのために制作した教材です。
この中から、光山窯関係を掲載しています。
「こども伊万里学」はこちらをクリックしてください






■鍋島藩図案帳について
 市川家に伝わる鍋島藩図案帳について説明しています。
 時間:3分21秒

【補足】「こども伊万里学」より



このページのトップに戻る



Copyright © Ichikawa Kozan. All Rights Reserved.