イメージ 推奨サイズW800×65px

摂社・淡島神社

 婦人病に霊験あらたかなる淡島大明神

子授け、縁結びで有名な淡島神社 淡島様は婦人病治癒・子授け・安産など女性のあらゆる悩みに御神徳のある神様です。
 淡島神社の信仰は江戸時代に各地に広まり、大川村山口の女性たちによって建立され、明治期に淀姫神社境内に祀られました。
  男性の子孫繁栄祈願は・・・

 縁結び・病気平癒のまじない

縁結びの願いを込めて格子戸に紐が結ばれている 淡島神社には、縁結びの神様として有名な大国主命(オオクニヌシノミコト)も合わせ祀られており、淡島神社の格子戸に、ひもを左手の親指と小指で強く結びつけることができれば縁結びの願いが叶うという言い伝えがあります。これは、縁結びの願掛けにと、若い男女が奉納した旗を裂いて格子戸に結び付けたことに由来します。
 また、病気平癒の願成就のために、黒髪を切って捧げるというまじないもあります。御祭神の少彦名命と大国主命は、禁厭(まじない・呪術)の祖といわれています。

 淡島神社の御祭神

【少彦名命 (スクナヒコナノミコト)】
薬・医療の神様。「古事記」では、大国主命の国造りの際に現れ、国造りに協力された。
【大国主命(大物主命)】
病気平癒・縁結び・まじないの神様。出雲大社の御祭神として有名。大物主命(オオモノヌシノミコト)とは、大国主命の和魂(にぎみたま)であるといわれる。
【薬師如来】
病気平癒・薬の仏さま。神仏習合思想によって、少彦名命の本地仏とされる。すなわち、「少彦名命(神)=薬師如来(仏)」。

獅鬼退治伝説のページへ  摂社・末社のページへ